まじめな質屋は頼りになります

時代劇では、お金に困った人がタンスから一張羅の着物を持ち出してきたり、やむを得ず先祖代々伝わってきた品物を質屋に持ち込んで、質入れによってお金を手に入れるといったシーンがよく出てきます。

 

今では街中に質屋を見つけること自体が難しくなりましたが、昔からお金に困ったときに頼りになる存在だったと分かる場面です。

 

人々にとって困ったときに頼りにされる店だったことから、株式会社鶴吉では未だに質屋という名称を守り続けています。質屋がどういう店かということすら、今の若い世代の方は知らないかもしれません。

 

若い世代の方にとって要らない物をお金に換えるリサイクルショップや、買取ショップの構造はよく理解できても、質入れした物を再び取り戻すという発想は湧きにくいのかもしれません。

 

一方で質屋がどういうところかを知っている方にとっては、株式会社鶴吉は安心してご利用いただけますので、お金でお困りごとの場合には気軽にご相談ください。